クリニカルパス ClinicalPath.jp
がん情報最前線 Home
HOME
パス実例ライブラリー
 

施設で実際に活用されているパスの様式および活用のポイントを紹介しています。

座談会・講演
 

クリニカルパスに精通した先生方の講演や座談会の様子をご紹介しています。

動画で学ぶ!パス実例レクチャー
 

癌化学療法におけるクリニカルパスの役割などについて、実例を交えながら動画で解説しています。

適正使用におけるパスの有用性
経口抗癌剤による外来化学療法のクリニカルパス
外来化学療法における病診連携
がん化学療法におけるワークシートの活用
がん情報最前線
 

学会レポートや施設訪問、キーパーソンのインタビュー等一連のがん医療政策の方向性を特集します。

画像ファイル集
 

クリニカルパスやプレゼン資料を作る上で便利な著作権フリーのイラスト集です。

【学会レポート】第9回日本クリニカルパス学会学術集会
一般演題(ポスター)

胃癌化学療法S1/CDDPにおける病薬連携への取り組み
古賀総合病院 発題者:橘尚子氏(薬剤部・薬剤師)

 宮崎市の古賀総合病院では、胃癌化療法S1/CDDPレジメンにおいて、S1は外来、CDDPは入院での投与を行っている。しかし、院外処方箋を受ける保険薬局での薬歴管理指導はS1のみに留まっていたため、S1の院外処方箋書式を追記変更し、S1/CDDPパスを保険薬局とともに作成することで病薬連携を試みた。
 パスの作成には、医師、保険薬局薬剤師、病院薬剤師、看護師が参加。作成にあたり、保険薬局からは「告知状況や病名、治療レジメンが不明」「疑義照会の時間短縮」「副作用発現時の指示希望」などの声が、病院からは「保険薬局での患者への説明内容がわからない」などの意見が出た。こういった情報共有により、患者指導の内容と役割を明確にしたパスが完成し、これを基に院外処方箋の記載内容も同時に検討した。例えば、S1の院外処方箋にS1/CDDPパス適応と記載されている場合は抗がん剤告知患者であると判断できるようにした。また、疑義照会については、S1投与量変更の有無、投与スケジュール、CDDPの投与日を追記して保険薬局でのレジメン把握を可能にした。さらに副作用発現時は、保険薬局から病院へ情報がフィードバックされるとともに、病院の依頼により保険薬局が副作用情報の提供を行う仕組みとした。 今回の取り組みについて橘氏は、「保険薬局で、注射を含めた化学療法全体が把握できようになり、正確かつ確実な患者情報の収集が効率よく行われるようになった。情報の共有化で病院と保険薬局とで患者指導内容が統一化された」と、成果を報告している。

短期入院診療録(胃癌化学療法パスS1/CDDP)

拡大PDF


Point Check

・S1/CDDP パス作成により、保険薬局との病薬連携を図る
・院外処方せんにS1/CDDPパス適応と記載することで保険薬局に告知状況を提示
・投与量、投与スケジュールなど病院からの詳細情報を院外処方せんに追記して疑義照会の時間を短縮
・パス作成で保険薬局と病院で患者指導内容が統一化され、信頼性のある服薬指導が可能に

※本演題は、日本クリニカルパス学会第9回学術集会賞の優秀賞を受賞されました。

←前へ第9回日本クリニカルパス学会学術集会

 トップへ

このサイト(クリニカルパス)は医療関係者向け情報のページです。一般の方のご入場はお断りいたします。